大人になってからの歯列矯正!

大人の歯の矯正 歯列矯正は不安もいっぱい。
費用は?期間は?痛みは?

歯の矯正中の痛み、イライラとのつき合い方
大人だからできる歯の矯正の自己管理
などなど。。大人の歯列矯正について!


大人になってからの歯列矯正!

歯列矯正の医療費は費用は、
矯正にかかる期間、抜歯の有無など症状に応じて変わってきます。


前歯のみでさほど歯並び自体がそんなに悪くない人であれば、
10万円台から、難しい治療になると100万円以上かかる場合もあります。


歯医者さんによってかなり差があることもあります。
立地条件や、経営方針、にもよります。


また、歯の調整をする毎に調整費を支払います。
これも歯医者さんによってまちまちですが、
大体2000円から10000円くらいです。

調整費は、歯の矯正の期間が長引けばその分かかってきます。


しかし、調整費も込みの料金で、
歯の矯正の全額がいくらという設定にしている歯医者さんもあります。


下記の表は、治療内容と、費用の大体の目安です。

治療内容 料金(おおよそ)
相談料 0~3,000円
検査にかかる費用 30,000~50,000円
矯正の技術費用 100,000~1,360,000円
歯のクリーニング費用 2,000~10,000円
リテーナー(保定装置)の費用 10,000~15,000円
矯正中の観察費用 2,000~15,000円
矯正後の観察費用 2,000~5,000円


歯医者さんからは全部を含めた金額のみ提出されることもありますが、
内訳はそれぞれです。

舌側矯正(裏側矯正)や、セラミックの目立たない矯正などは
ふつうの矯正より高くなります。


また、歯の調整費用が含まれているのか?いないのか?
はしっかり確認してください。


歯医者さんによっても治療内容によっても大きく差があります。
また、治療費はあくまで目安です。


高い安いだけで歯医者さんを選ばないようにしてください。


トータルでいくらかかるのか?予算はいくらか?
クレジットカードで支払いができるか?
分割払いができるか?(その際は利息がつくか?)
歯科ローンなどを利用できるか?

なども聞いておきましょう。


また、歯の矯正が終わった後に、リテーナーで保定しますが、
歯が動いて元に戻ってしまったきた場合、
ちゃんとリテーナーをしていたのに戻った場合は、
再度の矯正やリテーナーの費用を無料で補償してくれる歯医者さんもあります。

追加料金を払って再度矯正をしてもらうこともあります。

歯医者さんの治療方針など、
ホームページなどを見て比較するのも手です。


大人になってからの歯列矯正の医療費について

歯の矯正をはじめたいと思っている人、
または歯の矯正を勧められている人は矯正をはじめようか?
どうしようかとても悩むと思います。

金銭的な面の不安、見た目のコンプレックス。
痛み、ブリッジをつける期間なども気になりますよね。


ブリッジをつける歯の矯正は時間もかかりますし、
お金もかかります。


大人になってからの歯の矯正はどんな感じで治療をしていくのか?
ここでは歯の矯正の全体的な流れを紹介していきます。


1、はじめに

1、はじめに


まず、歯医者さんにいって、歯の矯正の必要性と、
今のあなたの歯の状態を診てもらいます。


矯正が本当に必要か?
他に治療法はないか?


などを相談し、しっかりと治療の流れを説明してもらいましょう。
また大体の歯列矯正治療にかかる期間などもきいておくことです。


費用がいくらくらいかかるか?
頭金は必要か?クレジットカードは使えるか?


ということも聞いておきます。


このとき歯の状態を診るために、
歯のレントゲンをとってもらうこともあります。


そして歯の矯正に伴い、抜歯(歯を抜く)必要性の有無も聞いておきましょう。

また、他の歯の治療の必要性、簡単な検査などをしてもらいます。

矯正の相談をしたその日に契約や支払いをする必要はありません。
お家に帰ってから、家族とも相談しゆっくり考えてもいいのです。


他の歯医者さんの意見を聞いたりするためにも、
一軒の歯医者さんだけでなく、他の歯医者さんにもいってみることをおすすめします。
友人が以前矯正していた歯医者さんなどがあれば、少し遠くても診てもらいに行きましょう。

2、歯のクリーニング、ブリッジをつける準備

2、歯のクリーニング、ブリッジをつける準備

歯の矯正をはじめる前に大抵、歯のクリーニングなどの準備をします。

歯の表面だけでなく、歯石除去、虫歯があれば治してもらいます。

そして歯ブラシ指導を受けます。
歯科衛生士さんや歯科助手さんに丁寧にブラッシングの指導を受けます。
歯の矯正をすると、ブラケットやワイヤーなどの装置が邪魔して歯を磨きづらくなり、
虫歯になりやすくなるからです。

ここで、基本的な正しい歯の磨き方の練習をします。
正しい歯の磨き方を習慣づけると、歯茎が引き締まります。


そして、矯正をはじめる前に歯型をとったり、レントゲンを撮ったり、
他の歯に問題があれば、治療をします。


そうして、歯の矯正の準備を整えてからブラケットとワイヤーの装着に入ります。

3、ブラケット、ワイヤーの装着。

3、ブラケット、ワイヤーの装着。

歯の矯正はたいてい、ブラケットワイヤーによる矯正です。

まずは歯の表面にブラケットを接着剤で取り付けます。

そのブラケットの凹んでいる部分にワイヤーをハメ、
ワイヤーをブラケットに固定するゴムをかけます。

最近では、セラミックなどの透明なブラケット(歯の表面につけるワイヤーをはめ込むもの)
とワイヤーを使用しすることにより、より目立たなく歯列矯正ができます。


透明なブラケットはあまり人に気づかれません。


ただ、金属のブラケットよりセラミックのブラケットによる矯正は力が多少弱くなってしまうので、
歯医者さんと相談しましょう。


最初はブラケットが口に当たって痛かったりもしますが、
ワックスという練り消しゴムのようなものをブラケットに貼り付けたりして、
唇の裏の摩擦しないようにします。

ブラケットとワイヤーをつけた直後~数時間後に徐々に痛みが生じます。
初めてつけた日は痛いので、つらいですが、
時間だたてば痛みも引いてきますので、耐えてください。


また、見た目が気になるという人の場合、
舌側矯正(ぜっそくきょうせい)を勧められる事もあります。

舌側矯正(ぜっそくきょうせい)とは、
歯の裏側に矯正装置をつける矯正です。

歯の裏側に装置をつけるため他人に全く気づかれませんが、
多少話しづらかったり、舌が回らないこともあります。


注意!!
舌側矯正(ぜっそくきょうせい)は経験のある歯医者さんが少ないので
たくさんの歯の矯正の経験がある専門医にお願いしましょう!


4、歯みがき指導


4、歯みがき指導


歯にブラケットとワイヤーをつけたあと、
再度歯みがき指導をしてもらいます。


歯列矯正中は、虫歯になりやすいので、
念入りな歯ブラシをすることが大切です。


歯医者さんにとっても、あなたにとっても、歯の矯正中虫歯になったら困ります。
場合によっては、一度ワイヤーを外して、虫歯の治療をしなくてはならないからです。

そうならないためにも、正しい歯の磨き方をマスターして、
虫歯を予防する必要があります。

歯の矯正中は、ブラケットとワイヤーの間の歯の表面や隙間が虫歯になりやすいので、
デンタルフロスや、歯間ブラシ先細毛の歯ブラシで丁寧に磨きます。


これを期に、正しい歯みがきを習慣づけましょう!


5、月に一度の歯の調整


5、月に一度の歯の調整


歯の矯正をはじめて大体一ヶ月くらいの間隔で、
歯の調整をします。

歯の調整とは、ワイヤーの力で動いた歯をさらに動かすために、
ワイヤーをはめ直したり、ワイヤーの長さを調節したり、取り替えたりすることを言います。

ワイヤーはブラケットにしっかりと固定されています。
小さいゴムのようなもので簡単に外れないようになっています。


それを一度はずして、調整したりします。


この繰り返しを何ヶ月かかけて月に一度行います。


歯の調整が終わったら、また歯が動くので痛みますが、
この痛みも何度か調整をすると慣れてきます。


6、歯並びが整ったら


6、歯並びが整ったら


歯の調整を何度もして歯並びが整ってきたら、
ブラケットとワイヤーを外します。

ブラケットとワイヤーが外れても、歯の矯正が終わったわけではありません。


歯の矯正はここからが本番。


リテーナーという保定装置をつけるからです。

リテーナーとは歯の保定装置、歯を動かさないようにする装置です。
これを歯の矯正装置をはずした後につけなくてはいけません。
食事のとき以外つけるように歯医者さんに言われます。


このリテーナーをつくるために一度ワイヤーを外して歯型をとります。
そして、次回、ワイヤーとブラケットを外したら、リテーナーを付けられるように、
歯医者さんがリテーナーを作ってくれます。


7、リテーナーでの歯の保定


7、リテーナーでの歯の保定

とうとう、ブラケットとワイヤーとお別れの日がやってきました。

外してもらったのはうれしいのですが、
まだ歯は完璧に安定していません。


歯の矯正装置(ブラケットとワイヤー)をとった後は動きやすい不安定な状態です。


そこで、以前とってもらった歯型で作ったリテーナーの登場です。

リテーナーをつけての生活がはじまります。

詳しくはリテーナー

8、定期診療

8、定期診療

リテーナーを付けはじめても、歯が動いていないか? などをみてもらう為、しばらく月に1回のペースで歯医者さんに通います。


歯の矯正装置(ブラケットとワイヤー)をつけていた期間が長ければ、
リテーナーをつける期間も長くなります。


しっかりリテーナーをつけて、歯が元に戻らないようにしましょう。

9、確定申告による歯列矯正の費用の医療控除

9、確定申告による歯列矯正の費用の医療控除

確定申告による歯列矯正の費用の医療控除はしたほうがいいです!!

歯列矯正は大抵20万円~数十万、100万円以上の高額治療です。

歯列矯正の医療控除をしてもらえるように、確定申告をしましょう。

かならず治療費のレシート等はとっておきましょう!

詳しくは
歯列矯正の医療控除

10、おわり

10、おわり

さて、ここまでが一般的な歯医者さんでの歯の矯正の流れです。


人によっては外科手術を伴う歯列矯正や、
抜歯が必要である場合もあります。


その場合は多少順番が変わってくるかも知れませんが基本的な流れは一緒です。

歯医者さんとしっかりコミュニケーションをとって、
歯の矯正をしていきましょう。



大人になってからの歯列矯正の治療の流れ。

歯医者さん嫌いの人は大人でも多いですよね。

歯の治療も必要だけど、怖くていけない、
歯の矯正もした方がいいといわれるけど。。。

という人はとても多いと思います。

だからこそ、歯医者さん、歯科クリニック、歯科医院選びは重要!!


特に歯の矯正は一度や二度通って終わるものではない、長期通院になります。

長期通院をできるか?歯の矯正の専門の先生がちゃんとした経験があるか?
など、安心して気分よく通うためにも最低限の見極めが必要です。

歯医者さんのチェックポイント その壱

まず、歯医者さんにいったらチェックできることから。
歯医者さんや歯科医院、クリニックに行ったら下記の項目をチェックしましょう!


■治療室や待合室がキレイか?

■歯医者さんは自分の話をちゃんと聞いてくれるか?

■予約は取りやすいか?

■土日は営業しているか?

■営業時間は何時から何時までか?


治療室や待合室がキレイか?というのは、
その歯医者さんや歯科クリニックの管理がしっかり出来ているか?
忙しすぎないか?をチェックする目安となります。


歯医者さんを選ぶのは患者である私たちです。
いい歯医者さんを見つけても通えなかったりしたら意味がないのです。


自分の都合もふまえ、予約をちゃんと取れるということも大事。


また、急に歯の具合いが悪くなった時等に、
時間を延長してみてくれる親切な歯医者さんもあります。

しかし歯医者さんに丁寧な治療、
対応をしてもらうためにも、予約するには必ず時間を守り、
いけなくなったり遅れる場合連絡する等、
患者としても最低限のマナーは守ることが必要です。


歯医者さんのチェックポイント その弐


歯の矯正や、手術の必要な高額治療を必要とする場合、
その場ですぐ決めさせられたり、すぐに手続きを迫られたり、
十分な説明をちゃんと先生からしてもらえないところでの治療を避けましょう。

高額治療には誰もがためらい、
本当にその治療以外では治せないのか?
など、不安に感じるものです。

家族へ相談する時間や、ちゃんとした説明をしてくれない歯医者さんでは
いざ治療が始まった時に本当にここで良かったのか??
という疑問や不安がうまれます。


治療が始まってから歯医者を変えることはあまりよくありません。
治療費などの問題も生じる可能性もあります。


治療してくれる先生が本当に信用できるか、
本当に患者さんのことを考えてくれる歯医者さんか見極めましょう。


歯医者さんのチェックポイント その参


忙しすぎる歯医者さんは避けましょう。


患者さんの話を聞く暇がないような歯医者さん、
担当がころころ替わってしまうような忙しすぎる歯医者さんは避けましょう。


なぜ避けたほうがいいかというと、
忙しすぎると歯医者さんにちゃんと話を聞いてもらえなかったり、
歯医者さんが親身になって治療できる状態ではないことも多いからです。

毎回予約を取って時間通りに行っても1時間や2時間は平気で待たされる、
話を聞きたくても次の人が待っていたり、
忙しい雰囲気に流されて聞きたいことも聞けなかったりするなんて嫌ですよね?


歯医者さんとはちゃんとコミュニケーションをとるべき!


たとえば日常会話の中でもいろいろな情報が拾えます。
食物アレルギーの有無や薬のアレルギー、
体調の変化、ライフスタイル、仕事の忙しさ、
ストレス、性格、癖、趣味など。


そういうちょっとした会話のなかで、
歯医者さんは、貴方にとってどんな治療がベストであるか?
ということを考えてくれます。


人によって歯の治療方法もさまざまです。
○○さんにはこの治療があっているんじゃないか?
と考えてくれる時間的にもすこし余裕がある歯医者さんを選びましょう。


歯医者さんのチェックポイント その四


歯の治療は保険の適用されない治療も多くあります。
とくに歯の矯正やインプラントなどは数十万から数百万の保険外治療です。


そして歯の矯正や、インプラントは特殊な技術のため、
出来るだけたくさんの経験がある歯医者さんに頼みましょう。


歯医者さんの技術によってはせっかく歯の矯正をしても、
あまりよくならなかったり、時間がかかりすぎたりします。


高い治療費を払うのですから、
見合った治療をしてくれる歯医者さんを見つけることは大事です。


安いから、近いからだけで歯医者さんを選ぶのはよくありません。


歯の治療技術も日々進歩しているため、
昔から通っている歯医者さんがあっても矯正や、インプラントなどの
高い技術を要する治療の際は歯医者さん選びを慎重にすべきです。

事前相談は3件の歯医者さんを回る覚悟でいましょう。

特に、審美歯科、美容整形外科で歯の治療や矯正、手術などの提案があった場合、
歯科クリニックや歯科医院でも相談してからにしましょう!


『すぐに終わる、短期間できれいになる!』


などと良い面ばかりを強調し、デメリットを伝えないところには気をつけてください。


大人の歯科医院(歯医者さん)選びはここをチェック!

大人になってからの歯列矯正のメリットは
自己管理が出来るということ。


自分の意思で、歯並びを良くするということは、
子供のとき、親や歯医者さんに言われて嫌々歯の矯正を始めるのと違い、
お金もかかるため、大抵の人はちゃんと治そうとします。

歯の矯正中は、いつも以上に歯みがきを丁寧にしなくてはなりません。
歯周病や虫歯にならないよう、ケアするのも自己管理。


歯の矯正が終わったあとも、
歯が元の位置に戻らないようにリテーナーをつけますが、
これも、子供は嫌がってつけなかったりします。


リテーナーとは歯の保定装置、歯を動かさないようにする装置です。
これを歯の矯正装置をはずした後につけなくてはいけません。
食事のとき以外つけるように歯医者さんに言われます。


このリテーナーを着けずにいると、
歯が元の位置に戻ってしまったり、動いてしまうこともあるんです。


歯並びが整って、ブラケットとワイヤーをはずすととても開放的です。
特にブラケットのせいで唇が痛かったり、盛り上がってしまっていたら、
なおさらブラケットが外れたことに喜びを感じるでしょう。。。


ただ、歯の矯正はここからが本番です。


歯列矯正後のリテーナーの装着期間は
歯の矯正、ブリッジ(ワイヤーやブラケット)を装着していた期間以上
つけるのが一般的です。


たとえば、ブリッジ(ワイヤーやブラケット)をつけていた期間が
1年だった場合、リテーナーを装着する期間は、
1年から1年半。


2年だった場合は2年から3年。。


個人差もあります。
大人になってからの歯列矯正は、(子供の歯の矯正より)
ブリッジを外してから歯が動きやすいとも言われています。

リテーナーをつけていないでしばらく過ごすと、
歯が動いてしまいます。

リテーナーは取り外しが簡単にできるので、
(リテーナーによっては壊れる可能性もあるので丁寧に外しましょう!)
食事中や間食の際は外し、歯を磨いてまたすぐに付けます。


これが何かと面倒に感じ、油断して長時間外してしまう人が多いのですが、
長時間外してしまうと、歯が動いてしまって、リテーナーがきつく感じます。


このキツさは歯の矯正の調整のときのようなちょっとした痛みが生じます。
するとやっぱり気になって外したくなってしまうんです。


でもここでまた長時間外してしまったら歯がさらに動いてしまうので、
さらにキツくなり、夜がまんして装着すると歯ぎしりをしてしまい、
リテーナーが割れてしまうこともあります。


最悪、歯が動き過ぎてブリッジを再度装着することも。。


せっかく大金をかけて行った歯の矯正。
無駄にはしたくないですよね。


リテーナーは歯の矯正装置(ブラケットとワイヤー)を付けていた期間と同じ、
もしくはそれ以上の期間をかけて装着し、
歯がしっかり固定されるまで付けていることが大事です。

そして、もしリテーナーを付け忘れ、長期間放置し、
リテーナーがキツくなったり、装着時にリテーナーが浮いてしまう、
リテーナーを装着できなくなるくらい歯が動いてしまったら、
すぐに歯医者さんに診て貰うことです。


せっかく痛いのをがまんして直したきれいな歯並び、
大切にリテーナーで固定して、キープする努力が必要です。


大人だからモチベーションを維持し、
矯正後も自分でケアできるのは大人の歯列矯正のメリットです。


子供のときは痛さ、面倒さに負けて、
リテーナーをつけていられないで辞めてしまうケースが多いのです。


また、大人の歯の矯正はステイタス。

自分の歯を気遣う、意識の高い人という印象を与えます。


ある会社の人事部の人は、面接時には笑顔、歯をよくみるそうです。
特に外のお客様と接する営業の人の歯がきれいであることは
ビジネスマナーと考えているんだとか。


通院の時間、費用をかけて歯並びを良くすることに自信と誇りを持ってください。


大人だからできる歯列矯正と矯正後のケア!

歯の矯正は大人になると身体に負担がかかるといわれています。

大人の歯の矯正は成長過程の子供より歯が動かしにくので時間がかかること、
子供のころと違って、仕事や通勤などで疲れも溜まりますし、
簡単にお休みもとれないので、大人になってからは余計に負担を感じます。

歯の噛みあわせを変えるというのは身体の矯正でもあるんです。


歯の痛みからくるストレス、イライラは個人差もありますが、
もともと細かい仕事や長時間のパソコン勤務などする人は特に
仕事にも集中できなくなったり、肩がこりやすくなったり、
人によっては腰が痛くなったり、身体がなんとなくだるくなったりもします。

歯の矯正中は歯を動かすためにワイヤーで歯を引っ張っているわけですから、
身体に負担がかかるのも当たり前。


もともとあった歯の位置を無理やり動かすのですから
歯ぎしりをしてしまったり、歯を食いしばってしまったり、
顎関節症の人は顎をゴリゴリ動かしてしまったり。。。


それは普段は意識していなくても、
寝ている間に無意識にしてしまったりしていることが多いのです。


歯の食いしばりや歯ぎしりは身体全体の筋肉を緊張させたり、
頭痛に繋がったりします。


夜中に身体がそんな状態では疲れは取れるどころか、
さらに溜まってしまうのです。


するといつも以上に肩が凝ったり、
腰が痛くなったり、背中が痛くなったりしてしまうことも。


そんな時は痛みやコリが自分が思うほど酷くなくても、
足つぼマッサージや全身マッサージをしてくれるエステにいってみては?
これがいってみるとだいぶ違います。


緊張した身体のコリがマッサージによって血液循環がよくなり、
ビックリするほど身体が軽くなるんです。

歯の矯正中、歯が動いて食いしばりが酷い時などは
我慢せずに足つぼマッサージに行って、足の裏、ふくらはぎ、
あたま、肩、背中、腕のマッサージを受けてみては?

うそみたいに身体が軽くなります。


歯の矯正で身体が痛い、とか疲れが取れないときは
我慢せずに足つぼやエステなどで疲れた身体を十分に癒してください。


ホットペッパーなどのクーポンを利用できたりして、
安くてマッサージの上手い人がいるお店もありますよ!

☆おすすめの足つぼマッサージ 滋和堂
足つぼならココ!ホットペッパーのチケットを持っていくとかなりお得。
足つぼだけでも身体が軽くなるのを感じます。

☆おすすめのエステ Sanare(サナーレ)
ひっそりとある知る人ぞ知るリラックスできるエステ。
全身のアロマオイルでのマッサージは夢見心地。
お姫様気分を味わえる素敵なエステサロン。
チケット性でもないため、気楽にいけます。
時間があって心も身体も休まりたいときに最高!


大人になってからの歯の矯正は身体に負担がかかる?