気になる歯列矯正の費用

歯の矯正をはじめるのに一番気になるのは治療費。歯の矯正は健康保険が効かないので、ほとんどが自己負担です。一般的に歯の矯正はいくら位かかるのでしょうか?


気になる歯列矯正の費用

歯列矯正の医療費は費用は、
矯正にかかる期間、抜歯の有無など症状に応じて変わってきます。


前歯のみでさほど歯並び自体がそんなに悪くない人であれば、
10万円台から、難しい治療になると100万円以上かかる場合もあります。


歯医者さんによってかなり差があることもあります。
立地条件や、経営方針、にもよります。


また、歯の調整をする毎に調整費を支払います。
これも歯医者さんによってまちまちですが、
大体2000円から10000円くらいです。

調整費は、歯の矯正の期間が長引けばその分かかってきます。


しかし、調整費も込みの料金で、
歯の矯正の全額がいくらという設定にしている歯医者さんもあります。


下記の表は、治療内容と、費用の大体の目安です。

治療内容 料金(おおよそ)
相談料 0~3,000円
検査にかかる費用 30,000~50,000円
矯正の技術費用 100,000~1,360,000円
歯のクリーニング費用 2,000~10,000円
リテーナー(保定装置)の費用 10,000~15,000円
矯正中の観察費用 2,000~15,000円
矯正後の観察費用 2,000~5,000円


歯医者さんからは全部を含めた金額のみ提出されることもありますが、
内訳はそれぞれです。

舌側矯正(裏側矯正)や、セラミックの目立たない矯正などは
ふつうの矯正より高くなります。


また、歯の調整費用が含まれているのか?いないのか?
はしっかり確認してください。


歯医者さんによっても治療内容によっても大きく差があります。
また、治療費はあくまで目安です。


高い安いだけで歯医者さんを選ばないようにしてください。


トータルでいくらかかるのか?予算はいくらか?
クレジットカードで支払いができるか?
分割払いができるか?(その際は利息がつくか?)
歯科ローンなどを利用できるか?

なども聞いておきましょう。


また、歯の矯正が終わった後に、リテーナーで保定しますが、
歯が動いて元に戻ってしまったきた場合、
ちゃんとリテーナーをしていたのに戻った場合は、
再度の矯正やリテーナーの費用を無料で補償してくれる歯医者さんもあります。

追加料金を払って再度矯正をしてもらうこともあります。

歯医者さんの治療方針など、
ホームページなどを見て比較するのも手です。


大人になってからの歯列矯正の医療費について

歯の矯正は大体50万円から100万超える自費治療となるため、
医療費の控除が適用されます。


医療控除は年に10万円以上医療費を払った場合適用されます。
(年間所得が200万円未満の場合、所得x5%を基準として超過分に対して適用されます。
いずれにせよ1年間でこの基準を超えないといけません。
よくわからない場合は税務署に問い合わせましょう。国税局


歯の矯正治療でかかった費用は、基本的に医療費の控除が受けられます。

注意!!
審美、美容など、見た目のよさを求めて歯の治療をした場合は認められません。


歯医者さんで貰ったレシート(領収書)は必ずとっておきましょう。
確定申告書の際に必要となります。


サラリーマン、派遣社員、アルバイト、パート等で働いている人も、
確定申告をすればお金(税金が還付される)が戻ってきたり、
市、区民税や国民健康の支払額が少し安くなったりする場合もあります。

また下記の費用も控除の対象となります。



・ 医師、歯科医師による診療または治療費

・ 治療、療養に必要な医薬品の購入費

・ 入院や通院時の電車、バス代

・ 入院時に必要な食事代

(入院や通院時の電車、バス代、緊急時に使用したタクシー代 は対象になりますが、
車のでの通院のガソリン代等は対象にはなりません。)


家族、配偶者が歯の矯正をしたりする場合
生計(家計)が一緒であれば配偶者や親族の分もまとめて控除対象となります。
(親族の範囲は6親等内の血族、3親等内の姻族)。
所得の多い(税率が高い)人が全員の分を負担することで、
医療費控除額は変わらなくても、還付額は大きくなります。


歯の矯正以外でかかった医療費も、医療控除の対象となるので、
風邪をひいて内科にかかったり、皮膚科にかかったりしても、
領収書は大切にとっておきましょう!!


また歯の治療費を歯科ローンにより支払う場合も適用されるので、
歯科ローンの契約書の写しを用意しましょう。


注意!歯科ローンの金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりません!


歯列矯正の医療控除