矯正中のデンタルケア

歯の矯正中はブラケットやワイヤーが邪魔で、歯がとてもみがきづらくなります。

矯正中はいつも以上に歯みがきを丁寧にしなくてはいけません。 歯間ブラシ、デンタルフロスや先細毛歯ブラシを上手に使い分けて矯正中のむし歯を予防しましょう!!


矯正中のデンタルケア

歯の矯正中は、ブラケットやワイヤーが邪魔をして歯がみがきににくくなります。
歯の矯正中には普段より丁寧な歯ブラシが必要となります。

歯の矯正中だけでなく、普段から使いたいのが歯周ポケット用歯ブラシ。
歯間や歯周ポケットのプラーク除去に役立つ、
先細毛の歯周病歯ブラシです。
超先細毛により歯周ポケットや歯間に入り込み、
プラーク(歯垢)を除去します。


普通の歯ブラシを歯の表面用として、
歯周ポケット用歯ブラシを歯と歯茎の間の歯周ポケット用として使い分けます。


普通の歯ブラシでも、歯周ポケットの歯ブラシも出来ますが、
先細毛の方がマッサージ効果もあり、痛くないです。


歯周ポケットはゴシゴシ無理に歯ブラシを入れず、
歯周ポケット用歯ブラシで小刻みに丁寧に。

力をいれずにみがくことが大切です。


歯周ポケット用歯ブラシを使おう!

歯の矯正時はワイヤーとブラケットの間、
歯と歯の間に食べ物が挟まったり、
歯ブラシがしずらくなります。


歯と歯の間は虫歯ができやすいので、
しっかりとデンタルフロスで歯と歯の間の汚れを取り除く必要があります。
歯列矯正時は特に夕飯を食べた後の歯ブラシにはデンタルフロスをしてください。


もちろん、歯の矯正をしていなくても、
デンタルフロスは歯みがきに取り入れたほうがいいです。
毎回とはいいませんが、定期的に、歯と歯の間のお掃除もしていきましょう!


歯の矯正中は糸ヨウジが使えないので、
デンタルフロスを使用します。


ワイヤーが邪魔をするので、歯の間にフロスを通して、
きっちりと下のほうまでデンタルフロスを通しましょう。


歯と歯の間が狭いところは無理をせずに、
ゆっくり前後に動かしながら下に通していきます。


勢いや力任せでデンタルフロスを引っ張ったりすると、
歯茎を傷めてしまうので気をつけましょう。

デンタルフロスの使い方。

デンタルフロスの使い方。

1.40cm位の長さにフロス糸を切り取り、左右中指にしっかりと2-3回まきつけます。

2.ひとさし指と親指で、1-2cmの間をあけて、ピンと張ります。

3.ゆっくりとななめにフロス糸を動かしながら歯と歯の間に通し、 歯の側面をこするようにして上下させます。


デンタルフロスで歯と歯の間のお掃除