歯列矯正後のホワイトニング!

歯列矯正後のホワイトニングはもはや常識?
女性だけでなくビジネスマンにも人気のある歯のホワイトニング

ホワイトニングは芸能人やモデル、セレブだけでなく誰でも気軽にできるようになっています。ホワイトニングの価格や仕組みを紹介!


歯列矯正後のホワイトニング!

大人になると歯が黄ばんでくる原因は2つ。

加齢によるものと、飲食による着色です。


歯の表面は、半透明のエナメル質で覆われています。
その下の象牙質という黄色い層が年を取るにつれだんだん濃くなっていきます。


そうすると、エナメル質から象牙質の色が透けて黄色く見えるのです。


さらに私たちが毎日食事をしている飲食からの着色。

歯に色がつきやすいのは。。


コーヒー、紅茶、日本茶、ウーロン茶などのお茶類。
赤ワイン、コーラ、ぶどう、ブルーベリー、カレー、
ミートソーススパゲティ。。


これらの食べ物に含まれる着色成分が次第にエナメル質に染み込み、
普通に歯みがきをしただけでは落とせなくなってきます。


また、タバコのヤニの着色も歯を黄色っぽくする大きな原因です。


オフィスホワイトニングをした後すくなくとも2日間は、
着色しやすい飲食、タバコは控えましょう。


この2日間の飲みのもは、ちょっときついかもしれませんが、
ホワイトニングの効果を出したいのであれば、
ポカリスエットやミネラルウォーターですごします。



ホワイトニング中に注意する食べ物、飲み物。

自宅でマイペースにできる本格的なホワイトニング
ホームホワイトニングといいます。

最近ではインターネット通販などでもホームホワイトニングのセットが買えたりしますが、
日本ではホームホワイトニングも歯医者さんに見てもらってから行うよう
厚生労働省が指導しています。


他の歯が健康でなかった場合、
歯がしみたり、痛くなったりする可能性があるからです。


特に海外製品のものは注意が必要です!!
日本人の歯は欧米人に比べ、歯の表面のエナメルが薄いため、
海外のホワイトニング剤が強すぎてしまうこともあるのです。


ホワイトニングは歯の漂白。
過酸化水素という消毒液と同じ成分が入ったペーストを使い、歯を白くします。


まず、歯の健康状態を歯医者さんに診てもらい、
虫歯歯周病歯肉炎などがあった場合はまずそちらを治してからになります。


ホワイトニングをする際にしみたり、痛くならないようにするためです。


そして歯の健康状態に問題がなかった場合、
歯の表面のクリーニングをしてもらいます。


PMTCという歯のクリーニングを行う場合もありますが、
PMTCをした場合口の中が敏感になりますので、
ホワイトニングは1週間以上あけて行うことになります。


歯型をとり、ホワイトニングのためのトレーをつくります。


トレーができたら、
その中に過酸化水素の入ったホワイトニングのペースト、ジェルを入れて歯にはめます。
(だいたい1日2時間くらい行います。)装着時間は個人によって差があります。
また、長時間のトレーの装着は、知覚過敏を起こしてしまう事もあるので、
寝る前は避けること!歯医者さんにいわれた時間を守ってつけましょう。


後は、トレーと、過酸化水素の入ったペースト、ジェルを持ち帰り、
自宅でホームホワイトニングをしていきます。

ホームホワイトニングは、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングよりも効果が出るまで時間がかかります。
最低2週間はトレーを装着する必要があります。
だいたい、1ヶ月から3ヶ月で満足する白さが実感できるようになります。


ホームホワイトニングは、
オフィスホワイトニングの効果を長持ちさせたい人や
オフィスホワイトニングと組み合わせて行う人もいます。


歯医者さんとよく相談し、
あなたにあったホワイトニングを提案してもらいましょう。


注意!!
妊娠中の人はホワイトニングはできません。



ホワイトニングは自宅でホームホワイトニング!!

歯のホワイトニングというとどんなイメージがありますか?

芸能人は歯が命!

というキャッチフレーズの歯磨き粉が売れたのを覚えている方も多いと思います。

歯磨き粉による歯のホワイトニングの効果と、
歯医者さんで行うホワイトニングとではだいぶ差があります。


歯が健康な状態であればホワイトニングは簡単に済んでしまうので、
セレクトショップの上やデパート内でも気軽に行えるホワイトニングスパなどが人気です。


歯医者さんや審美歯科でのホワイトニングは即効性があるので、
施術前と施術後を見比べるようことができるように、
最初に写真をとることもあります。


歯医者さんや審美歯科で行う歯のホワイトニング
オフィスホワイトニングといいます。


加齢や、食べ物、タバコのヤニなどによる歯の黄ばみは
オフィスホワイトニングできれいになります。


ただ、歯の神経を虫歯などによって抜いてしまった場合、
小さい頃飲んでいた薬の副作用などによる歯の変色は
オフィスホワイトニングではきれいにできません。


ホワイトニングをはじめるには
まず、歯の健康状態を歯医者さんに診てもらう必要があります。
虫歯歯周病歯肉炎などがあった場合はまずそちらを治してからになります。
ホワイトニングをする際にしみたり、痛くならないようにするためです。


そして歯の健康状態に問題がなかった場合、
歯石や歯垢などを取り除く、歯のクリーニングをしてもらいます。


PMTCという歯のクリーニングを行う場合もありますが、
PMTCをした場合口の中が敏感になりますので、
ホワイトニングは1週間以上あけて再度来院して行うことになります。


歯のクリーニングが終わったら、あとはホワイトニングペーストを歯に塗り、
光を当てて数分待てば、歯が白くなっています。


詳しくはホワイトニングの仕組みを参考にしてください。


オフィスホワイトニングは処置が終わった後も48時間は漂白効果が続いています。


このときに、着色の強い食べ物、飲み物を口にするとすぐに着色してしまいます。
また、タバコも最低は2日間控えるようにしましょう!


注意!!
妊娠中の人はホワイトニングはできません。


ホワイトニングはプロに任せて即効美白!!

歯の矯正によって歯並びがきれいになると、
気になるのが歯の白さ。

歯の矯正が終わったあと(ブラケットとワイヤーを外した後)は、
歯のクリーニングをしてもらいます。

歯の表面にブラケットをつけていたので、
そのままだと表面がザラザラしていますし、
ブラケットの周りのみがき残しによる着色などがあったりします。

大抵、PMTCという歯のクリーニングをしてもらいますが、
より、キレイな白い歯を持続させたい場合にはPMTCの後に、
時間を空けて(1週間以上)ホワイトニングをします。


ホワイトニングとは消毒液と同じ成分である過酸化水素をつかって、
歯にしみこんだ着色成分を分解、漂白することです。


歯医者さんなどで行うホワイトニングは、オフィスホワイトニングといいます。


オフィスホワイトニングでは、
過酸化水素を30~35%含むペーストを白くしたい歯に塗り、
光をあてることによって白くします。


当てる光は歯科医院などによってさまざまですが、
ハロゲンライトやプラズマライト、LED(青色発光ダイオード)を使います。


この光を当てることにより、過酸化水素が活性化し、
歯にしみこんだ着色成分が分解、漂白されて歯が白くなります。

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングの仕組み(オフィスホワイトニング)

ホワイトニング 歯 イラスト ホワイトニングペーストを塗る まず、歯肉に薬がつくと刺激を感じてしまうので、 ワックスなどで歯肉をカバーします。 白くしたい歯の表面にホワイトニング ペーストを塗ります。
ホワイトニング 歯 イラスト レーザーを当てる ホワイトニングペーストを塗り終わったら光をあてます。
ホワイトニングペースト(過酸化水素)から酸素が発生 します。
ホワイトニング 歯 イラスト 酵素 発生した酸素が歯の色素を無色の物質に分解していきます。

数分間光を当てる処置を繰り返します。
ホワイトニング 歯 イラスト 無色
口をゆすいで歯の表面を軽く磨き、知覚過敏防止用の歯磨き剤、 もしくはフッ素ジェルで歯の表面をコーティングします。
これでホワイトニング終了です。

ホワイトニングの仕組み(オフィスホワイトニング)

PMTC(ピーエムテーシィー)とは
プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略
です。

専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯のクリーニングを言います。


歯の矯正をする場合はブラケットをつける前にPMTCをしてもらいます。
親切な歯医者さんなら、ブラケットが取れた後もPMTCで歯をキレイにしてくれます。


PMTCは虫歯菌のつくるバイオフィルムを徹底的に落とすのが目的です。

自分ではみがきにくい歯の表面から、
歯と歯肉の境の溝の中のプラーク(歯垢)をすべて取り除くことができ、
歯周病の予防にも効果的。


ツルツルに磨かれた歯はプラークがつきにくくなります。


軽い歯肉炎なら、PMTCを受けるだけで治ることがあります。

またタバコのヤニや茶渋など着色もきれいにとれます。
ホワイトニングほどではありませんが、歯が白くなります。


注意!
歯のクリーニングは保険診療ではありません!


PMTC(ピーエムテーシィー)

ホームホワイトニングとは


ホームホワイトニング