歯と歯列矯正 用語

歯と歯の矯正用語をわかりやすくまとめました。
歯の矯正中の疑問や歯の動く仕組みなど、
歯のイラストつきでわかりやすく説明しています。


歯と歯列矯正 用語

オフィスホワイトニングとは歯医者さんや歯科クリニック、
審美歯科などで行うホワイトニングをいいます。


ホワイトニングは消毒液と同じ成分である過酸化水素をつかって、
歯にしみこんだ着色成分を分解、漂白します。


歯医者さんなどで行うオフィスホワイトニングは、
過酸化水素を30~35%含むペースト等を利用できます。


自宅でのホームホワイトニング
過酸化水素を10%含む程度のものまでしか日本では認可されていません。


濃度が高いと刺激が強いため、知覚過敏をおこすリスクが高くなります。


オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いは、
過酸化水素の使用許諾量の違いがあります。


過酸化水素の濃度が高ければその分ホワイトニングの効果の高さに繋がります。


オフィスホワイトニングでは、
過酸化水素を30~35%含むペーストを白くしたい歯に塗り、
光をあてることによって白くします。

当てる光は歯科医院などによってさまざまですが、
ハロゲンライトやプラズマライト、LED(青色発光ダイオード)を使います。


この光を当てることにより、過酸化水素が活性化し、
歯にしみこんだ着色成分が分解、漂白されて歯が白くなります。


オフィスホワイトニング

矯正の時にワイヤーで歯を固定するためにつける装置。

歯の表面に接着剤でつけます。

ブラケットは金属でできているものや、セラミックでできているものがあります。
ブラケットの表面は凸凹しています。


このブラケットを並べ、ブラケットの溝にワイヤーをはめ込みます。
歯の調整のときにワイヤーは外しますが、
ブラケットは矯正が終わるまでつけたままです。


矯正を始めたばかりの頃は、ブラケットが唇の裏に当たって痛いので、
シリコンでつくられた、ワックスをブラケットに押し付けて貼り付けます。


矯正中はブラケットの周りがみがきにくいので、歯間ブラシを使ってみがきます。
また、ブラケットの表面の凹凸も汚れやすいので、丁寧にみがきましょう。


写真は透明のブラケットです。
矯正 ブラケット イラスト


ブラケット

プラークは、歯の表面にこびりくつ細菌の塊です。
歯垢(しこう)ともいいます。


歯がヌルヌルしたり、べたつくのはこのプラークが歯の表面についているからです。


プラークは虫歯菌を含む多くの細菌からできています。


プラークは口臭の原因にもなり、歯周ポケットに入り込んでいき、
歯周ポケットを深くしてしまいます。


このプラークが落としきれずにいると、唾液中のカルシウムなどと反応して石灰化します。
石灰化したものは歯石となってしまいます。


歯石はプラークを三日間放置しておくとできてしまいます。
(個人差もあります。)
硬くなった歯石は歯ブラシでは落とせません。


また、歯の矯正時や虫歯になりやすい人はプラークのつくにくいものを食べましょう。

プラークをつきにくくするには
食物繊維を多く含んだ野菜や海草を積極的に食べることです。
食物繊維は口の中を掃除する効果があります。

逆にスナック菓子やキャラメル、キャンディなどはプラークの餌になってしまいます。
口の中を甘いものでダラダラにしておくのが一番よくないです。


歯の表面についてしまったプラークは小刻みに歯ブラシを動かして時間をかけて落とします。
乱暴なみがき方や、大雑把なみがき方では落とせません。

夜は丁寧にみがき残しのないように時間をかけて歯を磨きましょう。


プラーク

PMTC(ピーエムテーシィー)とは
プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略
です。

専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯のクリーニングを言います。


歯の矯正をする場合はブラケットをつける前にPMTCをしてもらいます。
親切な歯医者さんなら、ブラケットが取れた後もPMTCで歯をキレイにしてくれます。


PMTCは虫歯菌のつくるバイオフィルムを徹底的に落とすのが目的です。

自分ではみがきにくい歯の表面から、
歯と歯肉の境の溝の中のプラーク(歯垢)をすべて取り除くことができ、
歯周病の予防にも効果的。


ツルツルに磨かれた歯はプラークがつきにくくなります。


軽い歯肉炎なら、PMTCを受けるだけで治ることがあります。

またタバコのヤニや茶渋など着色もきれいにとれます。
ホワイトニングほどではありませんが、歯が白くなります。


注意!
歯のクリーニングは保険診療ではありません!


PMTC(ピーエムテーシィー)

歯列矯正で歯を動かすには、
まず歯の表面にブラケットという小さな金具を接着剤で貼り付けます。
(ブラケットはセラミックでできた白いタイプや透明のタイプもあります。)


そしてブラケットの溝にワイヤーを通し、ゴムなどで固定します。


歯はワイヤーの力で引っぱられ、動いていきます。


歯が引っぱられて傾くと、歯根を包んでいる歯根膜の片側が圧迫されて、
炎症をおこし、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)を破壊します。


そして反対側の伸びきった方の歯根膜はその刺激をうけて、
新たに骨を作り始めるのです。


この繰り返しによって歯が動いていきます。

矯正 歯が動く仕組み イラスト


矯正 歯が動く仕組み

歯ぐき、歯を支えている骨のことを歯槽骨(しそうこつ)といいます。

歯の矯正中の歯の移動は、
ワイヤーのちからによって引っ張られた歯が動く方の歯根膜が圧迫され、
歯ぐき、歯を支えている骨、歯槽骨(しそうこつ)が破壊されます。
そして反対側の歯根膜が伸び、新たな骨が作られます。

歯槽骨(しそうこつ)を歯周病によって破壊されると歯がぐらぐらします。

歯槽骨(しそうこつ) イラスト


歯槽骨(しそうこつ)

上下の歯と歯の間にできるすき間安静空隙(あんせいくうげき)といいます。

普段は意外と歯と歯の接触する時間は長くありません。

意識していないときは大抵、この安静空隙という数ミリ程度の距離が
歯と歯の間で保たれています。


歯をくいしばる癖がある人は、安静空隙(あんせいくうげき)がわからない人もいます。


安静空隙のできた状態を体験するには、
奥歯にキシリトールガムなどをそっと噛んでみるとわかります。

奥歯に物が入ると、前歯が少し浮きます。
緊張していると感じたときに、これをやってみると、顎がリラックスします。

細かいものをみて集中して作業をする人は無意識に
顎に負担がかかっていたりしますので、
歯をくいしばる癖や歯ぎしりの癖がある人は、安静空隙があるかどうか
意識してみましょう。


安静空隙(あんせいくうげき)

舌側矯正(ぜっそくきょうせい)とは、歯の裏側に矯正装置をつける矯正治療です。

舌側矯正のメリットは、
歯の矯正をしていることがわからないこと、
普通の矯正と違い前歯などに唇が引っかかることがないこと。

矯正装置は金属を使います。

デメリットは装置についた汚れが見えないがために磨きづらいこと、
裏側についているため舌先に触れるため、発音しづらくなることです。


矯正中は舌側矯正でも、普通の矯正でも発音は個人差もありますが、
少ししづらくなります。


カラオケなど行けばわかると思いますが、
歌いづらいです。


通常の矯正とは違い、専門としている歯医者さんは少ないので、
舌側矯正(ぜっそくきょうせい)の経験が豊富な歯医者さんに頼むこと。


舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

歯肉(歯ぐき)と歯根の間の隙間のことを歯周ポケットと呼びます。

歯医者さんに行って歯周ポケットの中の歯石を取ってもらうとき
風を歯の根元に当てると歯ぐきがほんの少し浮きます。
そこが歯周ポケットです。

歯周ポケットが深くなる歯周病になります。

歯周ポケット イラスト


歯周ポケット(ししゅうぽけっと)

歯のエナメル質がすり減ってその下の象牙質(ぞうげしつ)がむき出しになってしまい、
冷たい水や甘いものが歯に染みることを知覚過敏(ちかくかびん)といいます。
象牙質(ぞうげしつ)には神経の管が通っているため、
外からの刺激はこの管を通じて神経に伝わり、
神経はそれらの刺激を「痛み」として脳に伝えます。
それが歯に染みるという感覚です。


象牙質 イラスト

歯と歯茎の境目はゴシゴシ磨きすぎるとよくありません。
歯ブラシで細かく小刻みに動かし丁寧に磨くことが大切です。


知覚過敏(ちかくかびん)

歯の矯正が終わった後にはめるリテーナー(保定装置)。
歯のブラケットをとる直前に歯型を取ってもらいつくってもらいます。


リテーナーは歯が元の位置に戻るのを防ぐためにしばらく装着します。
つけるのを忘れて歯が動いてしまった後は装着するのが少し痛いです。

リテーナーは下記の写真のように透明なタイプ(インビジブルリテーナー)の歯にはめるタイプもありますが、歯の矯正の状態や個人によって違うリテーナーになる場合もあります。


透明なリテーナーは目立たなくて、見た目が良いですが、
必ずしもこのリテーナーを使用するとは限りません。

リテーナー 写真

他に入れ歯型のリテーナー。 犬歯間リテーナーなどがあります。


基本的にしばらくの間日中も食事中以外はリテーナー(保定装置)をはめます。
夜は必ずつけて寝ます。


歯が動かないようにするようにも、指示があるうちはつけましょう。


リテーナーはたまにポリデントにつけて、消毒をし、着色を防ぎます。


リテーナー