歯並びをよくするラミネートベニアとは

歯並びをよくするラミネートベニアとは

歯並びをよくするラミネートベニアとは

ラミネートベニア法とは薄いセラミックの板を歯の表面を削り、貼付ける治療法です。

遺伝的にホワイトニングだけでは白い歯にならない場合や、
歯の形態を直したい時に、歯の表層を少し削り、セラミックを貼ります。
2,3回程度の通院ですみます。


材質はポーセレン(セラミック)ですから、歯ぐきにもやさしく、
磨耗や変色の心配もありません。
(ホワイトニング(ブリーチング)に比べ治療後の変色がない)


歯を白くするだけでなく、ムシ歯やねじれた歯、
磨耗した歯、奇形歯などにも幅広く適応でき、
セラミック片の形や大きさを調整することで、歯並びや歯の形を修正できます。


セラミッククラウンに比べ歯を削る量が少なく
歯の色や白さを比較的自由に変えることができます。
歯と歯のすきまをうめたり歯の表面の形を少し変えたりするのに
ラミネートベニア法が使われます。

デメリットは虫歯などの理由で歯自体の1/3~1/2以上が失われてしまっている場合
は使えまないことです。また歯を薄く削る程度なので、歯の形を大きく変えることはできません。


注意
高い技術を必要とする治療です。審美歯科、美容歯科選びは慎重に!
歯医者さんなど、歯科医院、歯科クリニックなどにも相談しましょう!

歯並びをよくするラミネートベニアとは

« 歯並びをよくするセラミッククラウンとは | メイン | 歯列矯正後に顔のラインがきれいになる? »