歯の矯正を周りの人に反対されたら。。

歯の矯正を周りの人に反対されたら。。

歯の矯正を周りの人に反対されたら。。

大人になってからの歯の矯正をはじめる動機、理由は人それぞれ違います。


【歯並びが悪いから。】

【噛み合わせが悪いから。】

【歯茎の質や他の歯の問題があるから。】


ただ、歯の矯正はけして安い治療ではありません。
保険も利きませんし、時間もかかります。


歯並びがさほど悪くない人は、
余計に周りの人に『どうして矯正をする必要があるの?』
といわれてしまうかもしれません。


ご自身で治療費を払うにしても、ためらう人も多いです。


まずは、何であなたに歯の矯正が必要か、
しっかりと歯医者さんに説明してもらい、よく納得し、
理解してください。


そして家族や周りの人に説明しましょう。


もしそれでもご家族に反対された場合、
歯医者さんについてきてもらい、説明をしてもらうといいでしょう。


治療費が高いからやめてほしい。

歯医者さんにだまされているのではないか?

必要ないのではないか?

と周りの人に思われたまま、理解を得ずに治療を始めてしまったら
自分が困ったときに助けてもらえなかったり、
治療が終わるまで小言をいわれたり。。


などと、トラブルにつながるケースも。


特に結婚した後、出産後、などは生活費もかかる時期ですし、
自分だけではなく、自分の家族、義母、義父の理解を得る必要もあるかもしれません。

また、矯正中の痛みが酷いときなどのことも考え、
歯の調整後は有給を取れるようにしておく、
調整の予約はおやすみ前の金曜日にとるなどの配慮も必要です。


歯は人生のパートナーです。


噛める喜び、自分の歯で食べる幸せを大切にするのに歯の矯正が必要であれば、
歯医者さんともじっくり話し合い、納得してからはじめてください。

大人になってからの矯正はいくつからでも遅くはありません。

ただ、噛み合わせが悪かったりすると、
肩こり、腰痛や偏頭痛の原因になったりすることも。

歯は身体の一部です。
歯の具合が悪いと身体の他の場所に影響が出ることもあります。


自分の人生を健康に過ごすために、歯の矯正が必要であれば、
周りの人の理解を得て、協力してもらいましょう。


歯の矯正を周りの人に反対されたら。。

« 歯列矯正後に顔のラインがきれいになる? | メイン | 歯の矯正は自己管理能力が問われる?? »