歯みがきでこんなに変わる!口内環境。

歯みがきでこんなに変わる!口内環境。

歯みがきでこんなに変わる!口内環境。

あなたは、正しい歯みがきをできていますか??


小さい頃、親に教わったり、
学校で歯みがきを教わったこと覚えていますか?

そして、それは正しい歯みがきですか??


歯医者さんで歯の矯正をはじめるとき、
必ず歯のクリーニングをしてもらいます。


歯の表面と歯周ポケットの間の歯石を取ってもらい、
歯茎を引き締め、ツルツル、ピカピカの歯になってから
ブラケットとワイヤーを付けます。


親切な歯医者さんは歯の矯正が始まる前と始まってからも
何度か歯みがき指導をしてくれます。


みがき残しチェックなどで歯を着色し、
みがけていない歯をチェックします。


【歯ブラシの先端を歯と歯茎の間に密着させ、小刻みに磨くコツ。】

【歯と歯の間のブラシを当てる角度。】

【重点的に意識して磨く歯や、磨きにくい場所をどう磨くといいか?】


など時間をかけて丁寧に教えてもらいます。


そして、歯みがき粉をつけずに歯ブラシだけでキレイになるまで磨きます。

すると歯医者さんに研磨剤でみがいてもらったときのように
歯がツルツル、口の中がスッキリします。


歯と歯茎に歯垢(プラーク)がついていない状態は、
とても気持ちがいいのです。


歯垢(プラーク)は虫歯菌のかたまりです。
口の中に残った食べかすから細菌が集まり、
繁殖してネバネバしています。


また歯垢(プラーク)は口臭の原因となりますし、
そのままにしておくと歯肉炎、歯周病へ進行してしまいます。


この歯垢(プラーク)は歯にがんこにこびりつきます。
適当な磨き方ではキレイに落としきれません。

歯医者さんにいって歯ブラシ指導をしてもらうと、
このプラークもキレイに落ちる歯のみがき方が身につきます。


基本的に歯の表面は小刻みに丁寧に磨いていくのですが、
歯と歯茎の間(歯周ポケット)を磨くのにはコツがあります。

歯と歯茎、歯周ポケットの磨き方、イラスト 歯
歯ブラシの毛先を歯と歯茎の間に軽く少し差し込むような感じで
45度の角度で、歯ブラシを細かく動かします。


ここで注意したいのが、歯茎を傷めないように、
力を入れず、マッサージする感じで動かすことです。


歯周ポケットの歯ブラシの当て方は
一度歯医者さんにいってみてもらうのが確実です。


強く磨きすぎると、歯肉を痛めてしまい、
歯茎が下がってしまうこともありますので注意しましょう。

歯医者さんに教えてもらった歯の磨き方を実行すると、
しっかり歯垢(プラーク)を落とすことができるので、
夜みがいて、朝歯がネバネバしたりするようなことがなくなります。
(口をあけて寝てしまうなどほかに原因がある場合は除きます。)

歯磨き粉に頼らずしっかり歯を磨くことによって、
口内環境はだいぶ変わってきます。


矯正中には積極的に歯みがきの指導をしてもらいましょう!

歯みがきでこんなに変わる!口内環境。

« 歯の矯正は自己管理能力が問われる?? | メイン | 歯医者さん、歯科衛生士さんと上手くつき合おう。 »