矯正中に歯が浮く

矯正中に歯が浮く

矯正中に歯が浮く

歯が浮くといった症状は、ムズムズして、
痛がゆいような、口の中が落ち着かない感じをいいます。


疲れているときや体調が悪いとき、睡眠不足、
また、ストレスなどで寝ている間に歯軋り(はぎしり)をしていた翌朝や、
歯を食いしばっていた翌朝などにそういった症状が現れます。


かみ合わせの悪い人や、
歯の矯正中にもこういった症状が出ることがあります。


これは歯と歯肉をくっつけている歯根膜(しこんまく)が腫れて、
炎症を起こしているからなんです。


歯根膜(しこんまく)は薄い膜ですが、毛細血管が流れています。
ですので疲れて血行が悪かったりすると歯が浮く人もいます。


体調がよくなっても歯が浮いているような状態が続くようであれば、
他の原因があるかもしれません。

早めに歯医者さんに見てもらいましょう。

また、歯の矯正中に歯が浮いたりすることはよくあります。

歯の矯正中の痛みの感じ方は人それぞれですが、


■歯が引っ張られるような感じ。

■歯が縛られている感じ。

■歯がジンジンする感じ。

■歯が浮いた感じ。

■歯がびりびりした感じ。。

がします。

そして歯の矯正中に歯が浮いたりする感じ
大抵、夜に歯ぎしりしたり、歯を食いしばったりしているのが原因。


歯の矯正中の歯ぎしりや歯の食いしばりはよくあることです。


あまりにも酷いと感じる場合は一人でがまんせずに
歯医者さんに相談しましょう。

矯正中に歯が浮く

« 歯の矯正中の肩こり | メイン | デンタルフロスで歯と歯の間のお掃除 »