デンタルフロスで歯と歯の間のお掃除

デンタルフロスで歯と歯の間のお掃除

デンタルフロスで歯と歯の間のお掃除

歯の矯正時はワイヤーとブラケットの間、
歯と歯の間に食べ物が挟まったり、
歯ブラシがしずらくなります。


歯と歯の間は虫歯ができやすいので、
しっかりとデンタルフロスで歯と歯の間の汚れを取り除く必要があります。
歯列矯正時は特に夕飯を食べた後の歯ブラシにはデンタルフロスをしてください。


もちろん、歯の矯正をしていなくても、
デンタルフロスは歯みがきに取り入れたほうがいいです。
毎回とはいいませんが、定期的に、歯と歯の間のお掃除もしていきましょう!


歯の矯正中は糸ヨウジが使えないので、
デンタルフロスを使用します。


ワイヤーが邪魔をするので、歯の間にフロスを通して、
きっちりと下のほうまでデンタルフロスを通しましょう。


歯と歯の間が狭いところは無理をせずに、
ゆっくり前後に動かしながら下に通していきます。


勢いや力任せでデンタルフロスを引っ張ったりすると、
歯茎を傷めてしまうので気をつけましょう。

デンタルフロスの使い方。

デンタルフロスの使い方。

1.40cm位の長さにフロス糸を切り取り、左右中指にしっかりと2-3回まきつけます。

2.ひとさし指と親指で、1-2cmの間をあけて、ピンと張ります。

3.ゆっくりとななめにフロス糸を動かしながら歯と歯の間に通し、 歯の側面をこするようにして上下させます。

デンタルフロスで歯と歯の間のお掃除

« 矯正中に歯が浮く | メイン | 歯列矯正の医療控除 »