大人になってからの歯列矯正の医療費について

大人になってからの歯列矯正の医療費について

大人になってからの歯列矯正の医療費について

歯列矯正の医療費は費用は、
矯正にかかる期間、抜歯の有無など症状に応じて変わってきます。


前歯のみでさほど歯並び自体がそんなに悪くない人であれば、
10万円台から、難しい治療になると100万円以上かかる場合もあります。


歯医者さんによってかなり差があることもあります。
立地条件や、経営方針、にもよります。


また、歯の調整をする毎に調整費を支払います。
これも歯医者さんによってまちまちですが、
大体2000円から10000円くらいです。

調整費は、歯の矯正の期間が長引けばその分かかってきます。


しかし、調整費も込みの料金で、
歯の矯正の全額がいくらという設定にしている歯医者さんもあります。


下記の表は、治療内容と、費用の大体の目安です。

治療内容 料金(おおよそ)
相談料 0~3,000円
検査にかかる費用 30,000~50,000円
矯正の技術費用 100,000~1,360,000円
歯のクリーニング費用 2,000~10,000円
リテーナー(保定装置)の費用 10,000~15,000円
矯正中の観察費用 2,000~15,000円
矯正後の観察費用 2,000~5,000円


歯医者さんからは全部を含めた金額のみ提出されることもありますが、
内訳はそれぞれです。

舌側矯正(裏側矯正)や、セラミックの目立たない矯正などは
ふつうの矯正より高くなります。


また、歯の調整費用が含まれているのか?いないのか?
はしっかり確認してください。


歯医者さんによっても治療内容によっても大きく差があります。
また、治療費はあくまで目安です。


高い安いだけで歯医者さんを選ばないようにしてください。


トータルでいくらかかるのか?予算はいくらか?
クレジットカードで支払いができるか?
分割払いができるか?(その際は利息がつくか?)
歯科ローンなどを利用できるか?

なども聞いておきましょう。


また、歯の矯正が終わった後に、リテーナーで保定しますが、
歯が動いて元に戻ってしまったきた場合、
ちゃんとリテーナーをしていたのに戻った場合は、
再度の矯正やリテーナーの費用を無料で補償してくれる歯医者さんもあります。

追加料金を払って再度矯正をしてもらうこともあります。

歯医者さんの治療方針など、
ホームページなどを見て比較するのも手です。

大人になってからの歯列矯正の医療費について

« ホームホワイトニング | メイン | 歯周ポケット用歯ブラシを使おう! »