リテーナー

リテーナー

リテーナー

歯の矯正が終わった後にはめるリテーナー(保定装置)。
歯のブラケットをとる直前に歯型を取ってもらいつくってもらいます。


リテーナーは歯が元の位置に戻るのを防ぐためにしばらく装着します。
つけるのを忘れて歯が動いてしまった後は装着するのが少し痛いです。

リテーナーは下記の写真のように透明なタイプ(インビジブルリテーナー)の歯にはめるタイプもありますが、歯の矯正の状態や個人によって違うリテーナーになる場合もあります。


透明なリテーナーは目立たなくて、見た目が良いですが、
必ずしもこのリテーナーを使用するとは限りません。

リテーナー 写真

他に入れ歯型のリテーナー。 犬歯間リテーナーなどがあります。


基本的にしばらくの間日中も食事中以外はリテーナー(保定装置)をはめます。
夜は必ずつけて寝ます。


歯が動かないようにするようにも、指示があるうちはつけましょう。


リテーナーはたまにポリデントにつけて、消毒をし、着色を防ぎます。

リテーナー

« 歯周ポケット用歯ブラシを使おう! | メイン | 知覚過敏(ちかくかびん) »