知覚過敏(ちかくかびん)

知覚過敏(ちかくかびん)

知覚過敏(ちかくかびん)

歯のエナメル質がすり減ってその下の象牙質(ぞうげしつ)がむき出しになってしまい、
冷たい水や甘いものが歯に染みることを知覚過敏(ちかくかびん)といいます。
象牙質(ぞうげしつ)には神経の管が通っているため、
外からの刺激はこの管を通じて神経に伝わり、
神経はそれらの刺激を「痛み」として脳に伝えます。
それが歯に染みるという感覚です。


象牙質 イラスト

歯と歯茎の境目はゴシゴシ磨きすぎるとよくありません。
歯ブラシで細かく小刻みに動かし丁寧に磨くことが大切です。

知覚過敏(ちかくかびん)

« リテーナー | メイン | 歯周ポケット(ししゅうぽけっと) »