歯槽骨(しそうこつ)

歯槽骨(しそうこつ)

歯槽骨(しそうこつ)

歯ぐき、歯を支えている骨のことを歯槽骨(しそうこつ)といいます。

歯の矯正中の歯の移動は、
ワイヤーのちからによって引っ張られた歯が動く方の歯根膜が圧迫され、
歯ぐき、歯を支えている骨、歯槽骨(しそうこつ)が破壊されます。
そして反対側の歯根膜が伸び、新たな骨が作られます。

歯槽骨(しそうこつ)を歯周病によって破壊されると歯がぐらぐらします。

歯槽骨(しそうこつ) イラスト

歯槽骨(しそうこつ)

« 安静空隙(あんせいくうげき) | メイン | 矯正 歯が動く仕組み »