矯正 歯が動く仕組み

矯正 歯が動く仕組み

矯正 歯が動く仕組み

歯列矯正で歯を動かすには、
まず歯の表面にブラケットという小さな金具を接着剤で貼り付けます。
(ブラケットはセラミックでできた白いタイプや透明のタイプもあります。)


そしてブラケットの溝にワイヤーを通し、ゴムなどで固定します。


歯はワイヤーの力で引っぱられ、動いていきます。


歯が引っぱられて傾くと、歯根を包んでいる歯根膜の片側が圧迫されて、
炎症をおこし、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)を破壊します。


そして反対側の伸びきった方の歯根膜はその刺激をうけて、
新たに骨を作り始めるのです。


この繰り返しによって歯が動いていきます。

矯正 歯が動く仕組み イラスト

矯正 歯が動く仕組み

« 歯槽骨(しそうこつ) | メイン | PMTC(ピーエムテーシィー) »