オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯医者さんや歯科クリニック、
審美歯科などで行うホワイトニングをいいます。


ホワイトニングは消毒液と同じ成分である過酸化水素をつかって、
歯にしみこんだ着色成分を分解、漂白します。


歯医者さんなどで行うオフィスホワイトニングは、
過酸化水素を30~35%含むペースト等を利用できます。


自宅でのホームホワイトニング
過酸化水素を10%含む程度のものまでしか日本では認可されていません。


濃度が高いと刺激が強いため、知覚過敏をおこすリスクが高くなります。


オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いは、
過酸化水素の使用許諾量の違いがあります。


過酸化水素の濃度が高ければその分ホワイトニングの効果の高さに繋がります。


オフィスホワイトニングでは、
過酸化水素を30~35%含むペーストを白くしたい歯に塗り、
光をあてることによって白くします。

当てる光は歯科医院などによってさまざまですが、
ハロゲンライトやプラズマライト、LED(青色発光ダイオード)を使います。


この光を当てることにより、過酸化水素が活性化し、
歯にしみこんだ着色成分が分解、漂白されて歯が白くなります。

オフィスホワイトニング

« ブラケット | メイン | ホワイトニングの仕組み(オフィスホワイトニング) »