ホワイトニングの仕組み(オフィスホワイトニング)

ホワイトニングの仕組み(オフィスホワイトニング)

ホワイトニングの仕組み(オフィスホワイトニング)

歯の矯正によって歯並びがきれいになると、
気になるのが歯の白さ。

歯の矯正が終わったあと(ブラケットとワイヤーを外した後)は、
歯のクリーニングをしてもらいます。

歯の表面にブラケットをつけていたので、
そのままだと表面がザラザラしていますし、
ブラケットの周りのみがき残しによる着色などがあったりします。

大抵、PMTCという歯のクリーニングをしてもらいますが、
より、キレイな白い歯を持続させたい場合にはPMTCの後に、
時間を空けて(1週間以上)ホワイトニングをします。


ホワイトニングとは消毒液と同じ成分である過酸化水素をつかって、
歯にしみこんだ着色成分を分解、漂白することです。


歯医者さんなどで行うホワイトニングは、オフィスホワイトニングといいます。


オフィスホワイトニングでは、
過酸化水素を30~35%含むペーストを白くしたい歯に塗り、
光をあてることによって白くします。


当てる光は歯科医院などによってさまざまですが、
ハロゲンライトやプラズマライト、LED(青色発光ダイオード)を使います。


この光を当てることにより、過酸化水素が活性化し、
歯にしみこんだ着色成分が分解、漂白されて歯が白くなります。

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングの仕組み(オフィスホワイトニング)

ホワイトニング 歯 イラスト ホワイトニングペーストを塗る まず、歯肉に薬がつくと刺激を感じてしまうので、 ワックスなどで歯肉をカバーします。 白くしたい歯の表面にホワイトニング ペーストを塗ります。
ホワイトニング 歯 イラスト レーザーを当てる ホワイトニングペーストを塗り終わったら光をあてます。
ホワイトニングペースト(過酸化水素)から酸素が発生 します。
ホワイトニング 歯 イラスト 酵素 発生した酸素が歯の色素を無色の物質に分解していきます。

数分間光を当てる処置を繰り返します。
ホワイトニング 歯 イラスト 無色
口をゆすいで歯の表面を軽く磨き、知覚過敏防止用の歯磨き剤、 もしくはフッ素ジェルで歯の表面をコーティングします。
これでホワイトニング終了です。

ホワイトニングの仕組み(オフィスホワイトニング)

« オフィスホワイトニング | メイン | ホワイトニングはプロに任せて即効美白!! »