歯の矯正中の食事について。

歯の矯正中の食事について。

歯の矯正中の食事について。

歯の矯正中の食事 女の子
歯の矯正装置をつけた直後、
また歯の矯正の調整をした後は、痛くて何も食べれなかったり、
食べたくなくなったりします。


歯の矯正の調整の後、
痛みが引いて落ち着いたらおいしいものを食べましょう!


歯の矯正をする人はブラケットで歯を固定するため、
硬いものをちぎったり、かんだりすることは避けるようにいわれています。


また、ワイヤーの間やブラケットの隙間、唇の裏の下に
ご飯粒や食べかすが詰まりやすいので食事中も気になると思います。


歯の矯正や調整後の一日目や二日目はヨーグルトやスープ、
おかゆやウィダーインゼリーですませてしまう人も多いと思います。


そうなると、どうしても栄養も偏りがち、
エネルギー不足になりがちです。

それが続くと貧血を起こしてしまったり、
身体に力が入らなくなったり、疲れやすい体質になってしまいます。

歯の矯正中の食事はゆっくり落ち着いて食べれる時間と
場所と一緒に食べる気心の知れた人を選んで、
おいしいものを頂きましょう。


歯の矯正中はよく噛めなかったりして、
普段よりもおいしく感じられなくなってしいますが、

だからこそ、普段よりおいしいものを、
大好きで安心できる人と時間をかけて食べる。


個室のあるちょっとオシャレなレストランで
ゆっくりご飯を食べるものいいのでは??

後は野菜たっぷりのシチューやスープ、お味噌汁。
ひとくちサイズにきったお肉などを食べて、
栄養不足にならないようにしましょう。


けして、無理して硬いものを食べたり、
食いちぎったりしないこと!
家で食べる場合はひとくちサイズに切ってもらったり、
外食の場合ナイフを貰って切って食べるなどしてください。

フランスパンなどの固いものは必ずちぎって!


また自炊をしてバランスのいい食事を心がけましょう。


参考書籍



かむ・のみこむが困難な人の食事―もっとおいしく!もっと食べやすく!
山田 晴子 赤堀 博美 菊谷 武
女子栄養大学出版部 (2004/01)
売り上げランキング: 59,165

歯の矯正中の食事について。

« 歯の矯正中の痛み、イライラとのつき合い方。 | メイン | 大人だからできる歯列矯正と矯正後のケア! »